私がセラピストを志したのも、私自身の妊娠・出産・産後の子育て体験がきっかけでした。

イギリスで学び、帰国後は助産院での妊産婦ケアを6年、子育て拠点などでも講師をさせていただいております。

そして、

たくさんの女性が妊娠中~産後にかけてのマタニティケアを必要としていること・・・

ところが、日本ではまだまだマタニティケアが知られていないこと・・・

に気付きました。

th[2]

妊娠中に人の手のあたたかさを感じると、その後同じように子供に接することができます。

母親の手のぬくもりの中で育つ子供は、自分や周囲の人の存在を認め、思いやることができる人に育つでしょう。

現在の日本が抱える社会問題 – 少子高齢化、うつ、自殺、DVなどの改善にもつながります。

日本の未来のためにも、一緒にマタニティケアを広めませんか?

・・・なんて、難しく書いてみましたが、

・お腹の大きな妊婦さん
・産後の子育てでつらそうなお母さん

のために、何かしてあげたい!という気持ちがあれば充分です。

・私たちにできることは何?
・マタニティケアってどんなことをするの?
・妊娠~出産~産後についていろいろ知りたい!
・お客様の症状に応じた対応をするために学びたい!

という方に気軽にお集まりいただく会を定期的に開催しています。

5日間のメール講座後、協会メルマガにご登録くださった方からご案内しております。
興味のある方は、まずは右サイドバーの無料メール講座をご覧ください。

たくさんの方にお会いできること、様々なテーマで開催していけることを楽しみにしています。

【過去の開催例】
・2014年夏『マタニティケアについて語るお茶会』計5回開催

マタニティお茶会 マタニティランチ会
 
マタニティおしゃべり会 マタニティフランスのお産事情

・2015年1月『卵子の話と生殖医療の現在+新年ランチ会』
卵子と生殖医療の現在セミナー OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 ・2016年6月『セラピストなら知っておきたい婦人科系疾患講座』
 IMG_0537-2   fujinka shikkan koza4 

・2016年10月3日『セラピストなら知っておきたい婦人科系講座』開催予定